てんかん(児童発達支援・放課後等デイサービス・居宅介護サービス)

概要

てんかん中枢神経系の障害であり、脳の活動が異常になり、発作や異常な行動、感覚、時には意識の喪失を引き起こしますてんかんのある人は、発作中に数秒間ぼんやりと見つめているだけの場合もありますが、腕や脚を繰り返しひきつらせる場合もあります。てんかんの診断には、通常、少なくとも2回の発作が必要です。てんかんは、薬物療法や時には手術で発作を抑えることができます。発作を抑えるために生涯にわたる治療を必要とする人もいますが、発作はやがてなくなる場合もあります。子供たちの中には、年齢とともに症状が拡大することもあります。

症状

てんかんは脳の異常な活動により引き起こされ、発作は脳のあらゆるプロセスに影響を与える可能性があります。発作の兆候と症状には次のものが含まれます。

①一時的な混乱

➁一点凝視

③腕と脚の制御不能なけいれん運動

④意識または意識の喪失

⑤恐怖、不安、デジャヴなどの精神症状

症状は発作の種類によって異なりますが、ほとんどの場合、毎回同じタイプの発作を起こす傾向があり症状は似ています。医師は異常な脳活動がどのように始まるかに基づいて、発作を限局性または全身性のいずれかに分類します。

焦点発作

発作が脳の1つの領域で異常な活動に起因すると思われる場合、それらは限局性(部分)発作と呼ばれます。これらの発作は2つのカテゴリーに分類されます。

①意識を失うことなく部分発作・・・これらの発作は意識を失うことはありません。この発作は感情を変えたり、物事の見た目、匂い、感じ方、味や音を変えたりします。また、腕や脚などの身体の一部が痙攣したり、うずき、めまい、光の点滅などの感覚症状を引き起こすこともあります。

➁意識障害を伴う部分発作・・・これらの発作は、意識または意識の変化または喪失を伴います。複雑な部分発作の間、じっと見つめ、環境に正常に反応しないか、手でこすったり、噛んだり、飲み込んだり、輪になって歩くなどの繰り返しの動きをするかもしれません。部分発作の症状は、片頭痛、ナルコレプシー、精神疾患などの他の神経障害と混同される可能性があります。てんかんを他の障害と区別するには検査が必要です。

一般的な発作

脳のすべての領域に関係しているように見える発作は、全身性発作と呼ばれます。6種類の全身性発作が存在します。

①欠神発作・・・しばしば子供に起こり、空間を見つめたり、まばたきや唇を叩いたりするなどの微妙な体の動きを特徴とします。これらの発作は短期間での群発で発生し、意識の一時的な喪失を引き起こす可能性があります。

➁強直間代発作・・・筋肉の硬化を引き起こします。これらの発作は通常、背中、腕、脚の筋肉に影響を及ぼし、地面に倒れる可能性があります。

③脱力発作・・・筋肉の制御を失い、突然倒れたりする可能性があります。

④間代発作・・・繰り返されるまたはリズミカルな、けいれんする筋肉の動きに関連しています。これらの発作は首、顔、腕に影響を及ぼします。

⑤ミオクローヌス発作・・・腕や脚の突然のけいれんとして現れます。

⑥強直発作・・・突然の意識喪失、体の硬化と震え、時には膀胱制御の喪失や舌の噛みつきを引き起こす可能性があります。

診察時期

次のいずれかが発生した場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

①発作が5分以上続く場合

➁発作が止まった後、呼吸や意識は戻らない場合

③2回目の発作がすぐに続く場合

④高熱がある場合

⑤熱疲労を経験している場合

⑥妊娠している場合

⑦糖尿病を患っている場合

⑧発作中に怪我をした場合

原因

てんかんは、約半数には特定可能な原因がありません。残りの半分では、次のような様々な要因に起因する可能性があります。

①遺伝的影響・・・あなたが経験する発作のタイプまたは影響を受ける脳の部分によって分類されるいくつかのタイプのてんかんは、家族からの遺伝によります。遺伝子はてんかんの原因の一部にすぎませんが、特定の遺伝子は、発作を引き起こす条件を高める可能性があります。

➁頭部外傷・・・交通事故などの頭部外傷は、発作を引き起こす可能性があります。

③脳の状態・・・脳腫瘍や脳卒中などの脳に損傷を与える脳の状態は、発作を引き起こす可能性があります。

④感染症・・・髄膜炎、エイズ、ウイルス性脳炎などの感染症は発作を引き起こす可能性があります。

⑤出生前の怪我・・・赤ちゃんは、出産前の母親の感染症、栄養不良、酸素欠乏などの要因によって引き起こされる可能性のある脳の損傷に敏感です。この脳の損傷は、てんかんや脳性麻痺を引き起こす可能性があります。

⑥発達障害・・・てんかんは、発達障害に関連している場合があります。

危険因子

特定の要因がてんかんのリスクを高める可能性があります。

①年齢・・・子供と高齢者に最も一般的ですが、どの年齢でも発生する可能性があります。

➁家族からの遺伝・・・てんかんの家族歴がある場合は、発作を発症するリスクが高くなります。

③頭のけが・・・てんかんのいくつかの症例の原因は頭部外傷です。頭部外傷のリスクが高い活動に従事しているときはヘルメットを着用しましょう。

④脳卒中およびその他の血管疾患・・・脳卒中やその他の血管の疾患は、てんかんを引き起こす可能性のある脳損傷を引き起こす可能性があります。アルコールやタバコの抑制、健康的な食事、定期的な運動など健康な暮らしを実現しましょう。

⑤認知症・・・認知症は、高齢者のてんかんリスクを高める可能性があります。

⑥脳感染症・・・脳や脊髄に炎症を引き起こす髄膜炎などの感染症は、リスクを高める可能性があります。

⑦小児期の発作・・・小児期の高熱は、発作と関連している場合があります。

合併する危険

特定の時間に発作を起こすと、危険な状況につながる可能性があります。

①落下・・・発作中に転倒すると、頭を負傷したり、骨を折ったりする可能性があります。

➁溺死・・・水中で発作を起こす可能性があるため、水泳や入浴中に溺れる可能性があります。

③車の事故・・・車を運転している場合、意識の喪失を引き起こす発作は危険な場合があります。

④妊娠の合併症・・・妊娠中の発作は母親と赤ちゃんの両方に危険をもたらし、特定の抗てんかん薬は先天性欠損症のリスクを高めます。てんかんがあり、妊娠を検討している場合は医師に相談してください。

⑤精神状態・・・てんかんのある人は、心理的な問題、特にうつ病、不安神経症を抱えている可能性が高くなります。

生命を脅かす程の合併症はまれですが、次のように発生する可能性があります。

①てんかん重積状態・・・5分以上続く継続的な発作活動の状態にある場合、またはそれらの間に完全な意識を取り戻さずに頻繁に再発する発作がある場合に発生します。てんかん重積状態の人は、永続的な脳の損傷と死亡リスクが高くなります。

➁てんかんの突然の予期せぬ死(SUDEP)・・・てんかんのある人の突然の予期せぬ死もわずかです。原因不明ですが、心臓や呼吸器の状態が原因で発生する可能性があることを示す研究もあります。強直間代発作が頻繁に起こる人、または発作が薬物療法によって制御されない人は、SUDEPのリスクが高い可能性があります。

処置

医師は一般的にてんかんを薬で治療することから始めます。薬で症状が治療されない場合、医師は手術または別の種類の治療法を提案することがあります。てんかんのほとんどの人は、抗てんかん薬を服用することで発作をなくすことができます。また、薬を組み合わせて服用することにより、発作の頻度と強度を減らすことができるかもしれません。子供たちの多くは、最終的には投薬を中止し、発作のない生活を送ることができます。