学習障害<LD>(児童発達支援・放課後等デイサービス・居宅介護サービス)

概要

学習障害は、人がスキルを学び、それを効果的に使用することを妨げる情報処理の問題です。学習障害は一般的に、平均的または平均以上の知能を持つ人々に影響を及ぼします。その結果、障害は、年齢と知性に基づいて期待されるスキルと学業成績との間のギャップとして現れます。一般的な学習障害は、読む、書く、数学、または非言語的スキルにおける子供の能力に影響を与えます。

読書

読書における学習障害は、通常、話し言葉を別個の音の組み合わせとして認識することの難しさに基づいています。これにより、1つまたは複数の文字がどのように音を表し、文字の組み合わせがどのように単語を構成するかを理解するのが難しくなります。ワーキングメモリの問題(その瞬間に情報を保持および操作する機能)にも影響を与える可能性があります。基本的な読解力を習得したとしても、子供たちは以下のスキルに苦労するかもしれません。

①典型的なペースで読む

➁彼らが読んだものを理解する

③彼らが読んだものを正確に思い出す

④彼らの読書に基づいて推論をする

読書における学習障害は通常失読症と呼ばれますが、一部の専門家はこの用語を使用して、読書を困難にする可能性のある情報処理の問題の一部のみを説明する場合があります。

書く

書くことは、複雑な視覚、運動、情報処理のスキルが必要です。書いて表現することの学習障害は、以下を引き起こす可能性があります。

①遅くてとても労力のかかる手書き

➁読みにくい手書き

③思考を書くことの難しさ

④整理されていない、または理解しにくい文章

⑤スペル、文法、句読点の問題

数学

数学の学習障害は、次のスキルで問題を引き起こす可能性があります。

①数字がどのように機能し、相互に関連しているかを理解する

➁数学の問題を計算する

③基本的な計算を覚える

④数学記号の使用

⑤文章題を理解する

⑥数学の問題を解決しながら情報を整理して記録する

非言語スキル

非言語スキルの学習障害を持つ子供は、幼児期の早い段階で優れた基本的な言語スキルと強力な暗記スキルを発達させるように見えます。しかし、視覚空間スキル、視覚運動スキルおよび社会的または学術的機能に必要なその他のスキルに問題があります。非言語スキルの学習障害を持つ子供は、次の問題がある可能性があります。

①社会的相互作用における顔の表情と非言語的手がかりの解釈

➁社会的状況で適切に言語を使用する

③物理的な調整

④書くなどの細かい運動技能

⑤注意、計画、整理

⑥高レベルの読解力または書くことによる表現

原因

学習障害の発症に影響を与える可能性のある要因は次のとおりです。

①遺伝・・・学習障害のある家族がいる場合は、子供が障害を発症するリスクを高めます。

➁出生前および新生児のリスク・・・子宮内胎児発育遅延、出生前のアルコールや薬物、早産、低出生体重児は学習障害と関連しています。

③心的外傷・・・幼児期の心的外傷や虐待は、脳の発達に影響を及ぼし、学習障害のリスクを高める可能性があります。

④身体的外傷・・・頭部外傷または神経系感染症は、学習障害の発症に関与している可能性があります。

⑤環境・・・鉛などの高レベルの毒素への曝露は、学習障害のリスクの増加に関連しています。

兆候

次のような場合、子供は学習障害を抱えている可能性があります。

①予想される年齢および学年レベルまたはその近くで読解、作文、または数学のスキルを習得していない

➁理解と指示に従うのが難しい

③誰かに言われたことを思い出すのに苦労している

④ウォーキング、スポーツ、または鉛筆を持つなどのスキルの調整が不足している

⑤宿題や教科書などを簡単に紛失したり置き忘れたりする

⑥時間の概念を理解するのが難しい

⑦宿題や読書、執筆、数学を伴う活動に抵抗する。または誰かの助けなしで宿題を一貫して完了することはできない

⑧学校での活動または宿題や読書などの学術活動をしているときに、反抗、敵意、過度の感情的反応を示したり、行動したりする

早期の介入が必要

 

問題は雪だるま式に増える可能性があるため、早期介入が不可欠です。例えば、小学校に入学して必要な学びを得られない子供は、高校で代数に取り組むことができません。学習障害のある子供は、パフォーマンス不安、うつ病、自尊心の低下、慢性疲労、またはモチベーションの喪失も経験する可能性があります。一部の子供たちは、学校での課題から注意をそらすために行動するかもしれません。子供の保護者や教師は、医師、その他の専門家に学習の問題について懸念がある場合に医学的な知見で評価することを要求できます。あなたの子供はおそらく最初に視力や聴覚の問題や他の病状を確認するための検査を受けるでしょう。多くの場合、子供は、心理学者、特殊教育の教師、作業療法士、ソーシャルワーカー、または看護師を含む専門家のチームによって実施される一連の試験を受けます。学習障害とサービスの必要性の判断は、テストの結果、教師のフィードバック、保護者からの意見および学業成績の結果に基づいています。重度の不安神経症または注意欠陥/多動性障害の診断も関連している可能性があります。これらの条件は、学校でのスキル開発の遅れの一因となる可能性があります。

治療法の選択肢

お子さんに学習障害がある場合は、お子さんの医師は次のことを推奨する場合があります。

①追加のヘルプ・・・数学の家庭教師などは、あなたの子供に学習スキルを向上させるための技術を教えることができます。

➁セラピストによる治療・・・作業療法は、書くことに問題がある子供の運動能力を向上させる可能性があります。言語聴覚士は、言語スキルに取り組むのを助けることができます。

③投薬・・・あなたの子供の医者は、うつ病や重度の不安を管理するために薬を勧めるかもしれません。注意欠陥/多動性障害の薬は、学校の授業に集中する能力を向上させる可能性があります。

 

④補完代替医療・・・食事の変更、ビタミンの使用、目の運動、ニューロフィードバック、技術的装置の使用などの代替治療の有効性を判断するには、さらなる研究が必要です。あなたの子供の治療計画はおそらく時間とともに進化するでしょう。お子さんが進歩していない場合は、追加のサービス利用を考えます。追加のサービスの必要性とそれらがどのように役立つかを簡単に理解できるように子供を援助してください。また、あなたの子供の強みに焦点を当てます。あなたの子供に自信を与え、興味を追求するように励ましてください。これらの介入はあなたの子供のスキルを向上させ、彼または彼女が対処戦略を理解することを助け、そして強みを使って学校内外での学習を改善することができます。

 

次ページ→ダウン症