Q&A(児童発達支援・放課後等デイサービス・居宅介護サービス)

株式会社ぐりーんの児童発達支援・放課後等デイサービス・居宅介護サービスご利用時のよくあるご質問を掲載しております。

Q1.警報で学校が休校になった際は、サービスの利用はできますか?

当社では、警報時に自宅で過ごすことが難しいお子様を対象とし、朝から開所できるよう臨時対応しております。送迎には、利用者様からのご依頼が混雑することから、お時間を要します。また、気象庁が発表する避難勧告が発令された市町村にお住まいの場合は、ご利用して頂くことができませんのでご了承ください。

【気象庁ホームページ】

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/alertlevel.html

【大雨警報(土砂災害)の危険度分布】

https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/

大雨警報(浸水害)の危険度分布

https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/inund.html

【洪水警報の危険度分布】

https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html

 


Q2.警報時に休校になった際、昼食を買ってもらうことはできますか?

ぐりーんでは、レトルト+ご飯またはパスタセットを1食300円(税込み)でご提供しております。詳しくはこちらをご確認ください。また、南海トラフ巨大地震等による、非常災害時の非常食としても各施設で保有しており、緊急時には無償でお子様にご提供致します。


Q3.何歳から利用できますか?

 現在の対象年齢は、安全面の考慮から3歳からとさせて頂いております。2歳から利用したい等のご希望がございましたら、一度当社までご相談ください。


Q4.緊急時の当日の申し込みでも利用可能ですか?

当日のお申込みの場合、保護者様が送迎を対応してもらえる場合はご利用可能です。但し、定員を超えている場合はお断りさせて頂いております。緊急で利用を検討される際は、一度当社までお問い合わせください。


Q5.体調不良の場合の利用基準はどうなっていますか?

当社では、体温が37℃を超えた場合、保護者様にご連絡を差し上げ、前日のご様子や帰宅できるかなどの確認を行っております。また、37.5℃を超えた場合は、ご自宅に送るか、保護者様に当社までお迎えに来て頂くようご連絡を差し上げます。

インフルエンザ等の場合、学校や幼稚園、保育園への通学許可が出るまでは当社をご利用頂くことができません。先行して利用されたい場合は、医師の診断書をご提出ください。


Q6.事業所の看板の付いていない車で送迎してもらうことはできますか?

当社では、2020年9月中に全ての送迎車両を看板の無い車に入れ替える予定です。一部、学校からのご要望でマグネットの看板を取り付ける場合がございますが、学校へ入校する場合のみです。近年、インターネットの発展と共にプライバシー保護が重要視されています。当社では、お客様のご要望にお応えできるよう、利便性の向上に努めております。


Q7.不登校の場合、ぐりーんでの学習が学校の出席扱いにはなりませんか?

当社では、マンツーマンの学習支援からICTを利用したタブレット学習まで様々なサービスをご提供しております。小学校からのご要望で、当社での授業風景を保護者様同意のもと先生にご見学頂き、出席扱いにするといった事例もございました。出席日数の取り扱いについては、学校側の判断になりますので、一度担任の先生にご相談ください。


Q8.自己負担額が返還される制度はありますか?

【児童発達支援または放課後等デイサービス行動援護の2つのサービスを利用され、受給者証の上限月額が4,600円の場合、それぞれのサービス費用を支払う必要がありますので、合計9,200円をぐりーんに一旦お支払頂きます。お支払情報を確認後、2つのサービス分の領収書を発行致しますので、領収書をもって市町村の福祉窓口で手続きして頂ければ4,600円が返還されます。【児童発達支援または放課後等デイサービス】の法律が児童福祉法、行動援護の法律が障害者総合支援法となり、2つの法律をまたがって利用された場合は、4,600円の自己負担額が返還されるという仕組みです。

「その他、障害者総合支援法のサービス」・・・居宅介護(身体介護・家事援助)、重度訪問介護、短期入所(ショートステイ)、同行援護など