注意欠陥多動性障害<ADHD>(児童発達支援・放課後等デイサービス・居宅介護サービス)

概要

注意欠陥/多動性障害(ADHD)は、何百万人もの子供に影響を及ぼし、しばしば成人期まで続く慢性疾患です。ADHDには、注意力の維持の困難、多動性、衝動的な行動など、永続的な問題の組み合わせが含まれます。ADHDの子供はまた、自尊心の低さ、人間関係の問題、学校での成績の悪さに苦しむ可能性があります。治療はADHDを治すことはありませんが、症状に大いに役立つ可能性があります。治療には通常、投薬と行動介入が含まれます。早期の診断と治療は、結果に大きな違いをもたらす可能性があります。

症状

ADHDの主な機能には、不注意と多動性衝動性行動が含まれます。ADHDの症状は12歳より前に始まり、一部の子供では3歳から目立ち始めます。ADHDの症状は軽度、中等度、重度のいずれかであり、成人期まで続く可能性があります。ADHDは女性よりも男性でより頻繁に発生し、行動は男の子と女の子で異なる可能性があります。たとえば、男の子は多動性が高く、女の子は静かに注意を怠る傾向があります。ADHDには3つのタイプがあります。

①主に注意を怠る。症状の大部分は不注意に分類されます。

➁主に多動性/衝動性。症状の大部分は多動性で衝動的です。

③①および➁の組み合わせ。これは、不注意な症状と多動性/衝動性の症状が混在しています。

不注意

不注意のパターンには、以下の傾向が見受けられます。

①細部に細心の注意を払わなかったり、学業で不注意な間違いをしたりする

➁課題や遊びに集中し続けられない

③直接話しても聞いていないように見える

④指示に従うのが難しく、学業や雑用を終えることができない

⑤課題や活動の整理に問題がある

⑥宿題など、集中的な精神的努力を必要とする課題を回避または嫌う

⑦おもちゃ、学校の宿題、鉛筆など、課題や活動に必要なアイテムを失う

⑧気が散りやすい

⑨雑用を忘れるなど、日常の活動を忘れる

多動性と衝動性

多動性および衝動性の症状のパターンを示す子供は、多くの場合、次の傾向が見受けられます。

①手や足をそわそわしたり、叩いたり、座席で身をよじったりする

➁教室やその他の状況で座ったままでいるのが難しい

③外出先で、絶え間なく動く

④適切でない状況で走り回ったり登ったりする

⑤静かに遊んだり、活動したりするのに問題がある

⑥しゃべりすぎる

⑦質問者を中断して、答えをぼかす

⑧彼または彼女の順番を待つのに苦労している

⑨他人の会話、ゲーム、または活動を中断または侵入する

いつ医師に診てもらうか

お子さんがADHDの兆候を示していることが心配な場合は、小児科医またはかかりつけの医師にご相談ください。医師は、発達行動小児科医、心理学者、精神科医、小児神経内科医などの専門医を紹介する場合がありますが、最初に医学的評価を行い、子供の問題がその他の考えられる原因を持っていないか確認することが重要です。

原因

ADHDの正確な原因は明らかではありませんが、研究努力は続けられています。ADHDの発症に関与している可能性のある要因には、遺伝、環境、または発達の重要な瞬間の中枢神経系の問題が含まれます。

危険因子

ADHDの危険因子には以下のことが含まれます。

①ADHDまたは他の精神障害のある親または兄弟などの血縁者

➁古い建物の塗料や鉛などの環境毒素への曝露

③妊娠中の母親の薬物使用、アルコールまたは喫煙

④早産

砂糖は多動性障害を引き起こす要因だと一般的に考えられていますが、これの信頼できる証拠はありません。子供の頃の多くの問題は注意力を維持するのを困難にする可能性がありますが、それはADHDと同じではありません。

合併症

ADHDは他の心理的または発達上の問題を引き起こしません。ただし、ADHDの子供は、他の子供よりも次のような状態になる可能性が高くなります。

①権威者に対する否定的、反抗的、敵対的な行動のパターンの反抗挑戦性障害(ODD)

➁窃盗、戦闘、財産の破壊、人や動物への危害などの反社会的行動を特徴とする行為障害

③過敏性と欲求不満に耐える問題を特徴とする重篤な気分調節障害

④読み取り、書き込み、理解、コミュニケーションの問題を含む学習障害

⑤薬物、アルコール、喫煙などの物質使用

⑥圧倒的な心配や神経質を引き起こす可能性のある不安障害で、強迫性障害(OCD)が含まれる

⑦うつ病および躁病行動を含む双極性障害を含む気分障害

⑧他人を認識し、交流する方法に影響を与える脳の発達に関連する自閉症スペクトラム障害

⑨繰り返しの動きまたは簡単に制御できない不要な音(チック)を伴うチック症またはトゥレット症候群

防止

あなたの子供がADHDになるリスクを減らすために、次のことに注意してください。

①妊娠中は、胎児の発育に害を及ぼす可能性のあるものは避けてください。たとえば、アルコールを飲んだり、タバコを吸ったりしないでください。

➁タバコの煙や鉛のペンキなどの汚染物質や毒素への暴露から子供を保護します。

③画面時間を制限します。まだ証明されていませんが、子供が人生の最初の5年間にテレビやビデオゲームに過度にさらされるのを避けるのは賢明かもしれません。

診断

一般に、ADHDの主要な症状が人生の早い段階(12歳未満)で始まり、家庭や学校で継続的に重大な問題を引き起こさない限り、子供は注意欠陥/多動性障害の診断を受けるべきではありません。ADHDの特定の検査はありませんが、診断には次のようなものが含まれる可能性があります。

①症状の他の考えられる原因を除外するのに役立つ健康診断

➁現在の医学的問題、個人および家族の病歴、学校の記録などの情報収集

③家族、担任の先生、介護者などの人々への聴き取り

④精神障害の診断および統計マニュアルDSM-5(日本はICD-10)のADHD基準

⑤あなたの子供に関する情報を収集して評価するのに役立つADHD評価尺度

ADHD行動療法

ADHDの子供は、行動療法、社会的スキルトレーニングおよびカウンセリングの恩恵を受けることがよくあります。これらは、精神科医、心理学者、ソーシャルワーカー、またはその他のメンタルヘルス専門家によって提供される場合があります。ADHDの子供たちの中には、不安障害やうつ病などの他の症状を持っている人もいます。このような場合、カウンセリングはADHDと共存する問題の両方に役立つ可能性があります。治療の例は次のとおりです。

行動療法・・・教師と保護者は、困難な状況に対処するために、報酬システムを用いて行動を変える戦略を学ぶことができます。

社会的スキルトレーニング・・・子供たちが適切な社会的行動を学ぶのに役立ちます。

子育てスキルトレーニング・・・親が子供の行動を理解し、導く方法を開発するのに役立ちます。

心理療法・・・これにより、ADHDの年長の子供たちは、彼らを悩ませている問題について話し、否定的な行動パターンを探求し、彼らの症状に対処する方法を学ぶことができます。

家族療法・・・家族療法は、両親や兄弟がADHDを患っている人と一緒に暮らすストレスに対処するのに役立ちます。最良の結果は、教師、保護者、セラピスト、医師が協力してチームアプローチを使用した場合に発生します。